【3909】ショーケース・ティービー企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

スポンサーリンク

ショーケース・ティービー企業研究とビジネスモデルです。「豊かなネット社会を創る」という企業理念のもと、インターネットに「おもてなし」の機能を自動的に提供することで、すべての人にとってWebサイトを「見やすく、わかりやすく、入力しやすく」することを目的に事業を展開している企業。それでは、【3909】ショーケース・ティービー企業研究とビジネスモデルです。

【3909】ショーケース・ティービーの概要

減殺では3つのセグメントにおいて事業を展開。1つ目のeマーケティング事業では、Webサイト最適化技術により成約率を高めるクラウドサービス「ナビキャストシリーズ」の提供、DMPサービス「ZUNOH(ズノウ)」及びこれを活用した広告関連サービス、セキュリティ関連サービス「Protechシリーズ」を提供。2つ目のWebソリューション事業では、スマートフォンアプリ関連サービス、ECサイト運営、不動産業向けサービスを主に提供している企業。3つ目に投資事業が加わっています。

スポンサーリンク

ショーケース・ティービーの業績売上推移

ショーケース

  1. 本業回帰(Marketing&SaaS分野)
  2. 収益性が高い新商品へ集中投資
  3. 有力企業とのアライアンス
  4. 経営スピードアップと高い生産性
  5. 企業ブランディング向上

を掲げ、第二創業期と位置付けています。

ショーケース・ティービーの主な収益の柱・事業ドメイン

  • コンテンツ事業
  • クラウド事業
  • 投資事業

ショーケース・ティービーの最近の主な動向

  • 投資専業子会社Showcase Capitalが位置情報ゲームサービスを提供するリアルワールドゲームス株式会社へ出資
  • 「ナビキャスト」シリーズが、累計導入実績7,300契約 を突破
  • DMP「ZUNOH」とAIを活用した広告配信サービス「Cogni-Targeting」を提供開始
  • オープンランウェイズ社のVR事業を譲り受け、不動産向けVRサービス「SHOWRISE」を提供開始

ショーケース・ティービーの強み・ビジネスモデル

  • ストック型ビジネス
  • 既存事業のさらなる成長とグループシナジーで新たな収益モデルを構築

ショーケース・ティービーの課題・リスク

  • システム障害
  • コア事業への依存
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る