【3547】串カツ田中企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

スポンサーリンク

串カツ田中企業研究とビジネスモデルです。串カツは、大阪でも一部の地域で愛されるものでした。串カツを日本中に広げ、日本の食文化へ、また、SUSHI・RAMEN・TEMPURA・KUSHIKATSUとなり日本を代表する食文化へと世界へ発信していくと念頭に置いている企業。それでは【3547】串カツ田中企業研究とビジネスモデルをみていきましょう。

【3547】串カツ田中の概要

「串カツ田中の串カツで、一人でも多くの笑顔を生むことにより、社会貢献する。」を企業理念に、「串カツ田中」の単一ブランドで関東圏を中心に全国規模で飲食事業を展開。串カツ田中の目標は、全国1,000店体制を構築することを掲げ、ブームに影響されない店、永くお客様に愛される店を作り、串カツ田中の串カツを日本を代表する食文化とすることを目指している企業。

スポンサーリンク

串カツ田中の業績売上推移

串カツ田中

前年同期比平均売上高106.6%、客数110.0%、客単価96.9%禁煙を実施した影響でファミリー層が増加し、毎年閑散期であった冬場の客数が増加。

串カツ田中の最近の動向

<2019>

  • ロードサイド新業態(FR:ファミリーレストラン型串カツ酒場)
  • 新卒を中心に運営するルーキー店舗を4店舗オープン

<2017>

  • ~外国人観光客の来客も期待~ 「串カツ田中 大須観音店」が10月11日(水)にオープン
  • ~ 関西地方の出店 進む ~「串カツ田中 尼崎店」が9 月9 日(土)にオープン

串カツ田中の強み・ビジネスモデル

  • 大阪の下町で生まれた大衆食である串カツの専門店(串カツのレシピは社外秘)
  • 老若男女、お子様にも受け入られるよう、活気があり誰もが入りやすい大衆食堂(酒場)の雰囲気を醸し出すことを意識した店舗づくり
  • 直営店での出店とフランチャイズ方式による多店舗展開(数値と作業の標準化、串カツ業態としての専門化及び調理工程の単純化、の三点をパッケージ化)

串カツ田中の課題・リスク

  • 衛生・品質管理
  • 人材採用・教育強化
  • システム障害

その他3500番台の銘柄

以上が、【3547】串カツ田中企業研究|業績売上推移・ビジネスモデルとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る