【3085】アークランドサービスホールディングス企業研究とビジネスモデル

スポンサーリンク

アークランドサービスホールディングス企業研究とビジネスモデルです。とんかつ専門店「かつや」を中心とする飲食店の経営及びフランチャイズチェーン本部の経営をしている企業。それでは、【3085】アークランドサービスホールディングス企業研究とビジネスモデルです。

【3085】アークランドサービスホールディングス

とんかつ専門店「かつや」の運営が主力事業。「かつや」では、「高品質なとんかつをお値打ち価格で提供する。」をコンセプトとして注力。食材のこだわりにおいて、豚肉は、肥育から加工工程までに及ぶ厳しいチェックに合格した北米(カナダ・アメリカ)産豚肉を仕入れいる。この豚肉は、肉のジューシー感を保つため、加工工場からチルド状態で約2週間熟成された状態で毎日店舗に納品。パン粉は、「サクサク」とした食感を出すために衣に生パン粉を使用。米は、全国各地の米の中から地域に合った米を選び抜いて使用。

また、オペレーションのこだわりにおいて、「かつや」ではメーカーと試行錯誤の末に共同開発したオートフライヤーを導入することで、オペレーションの簡素化を図り、上質な味を安定的に提供している企業。13店舗の改装、10回のフェアメニューの投入、5回のキャンペーンの実施等、顧客の利用機会増加に向けた施策推進なので、堅調な業績が続いている。

スポンサーリンク

主な収益の柱・事業ドメイン

  • かつや直営飲食事業
  • FC事業

最近の動向

  • 米国における株式会社ホットランドとの合弁契約締結
  • 株式会社バックパッカーズの株式取得

強み・ビジネスモデル

  • 店舗の客席レイアウトは、カウンター席を中心とし、お客様との距離を近くすることで、少人数で効率的なサービスを実現
  • 未経験のパート社員・アルバイト社員でも短期間の研修で調理出来るシンプルなオペレーションの導入

課題・リスク

  • 人材の確保・育成
  • 「かつや」への依存

その他飲食関連銘柄

スポンサーリンク
スポンサーリンク