【3042】セキュアヴェイル企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

スポンサーリンク

セキュアヴェイル企業研究とビジネスモデルです。ネットワーク・セキュリティの専門集団、株式会社セキュアヴェイルのウェブサイト。ログ解析サービス、ファイアウォール構築・運用、IDS/IPS構築・運用、セキュリティ監査サービスなど、ネットワーク・セキュリティに関するサービスをワンストップで提供している企業。それでは、【3042】セキュアヴェイル企業研究とビジネスモデルです。

【3042】セキュアヴェイル企業研究の概要

統合運用監視サービス「NetStare」をフラッグシップサービスとして位置づけ、セキュリティ事業に特化してきたセキュアヴェイルが提供可能な、安全性(セキュリティの堅牢さ)と可用性(システムの利便性)を融合させたフルサポートサービスを展開している。また、次期基幹システムである「NetStare Suite」への研究開発への投資を実施し、ログや監視情報をビックデータ化する事により、システムやセキュリティリスクの予測するクラウドサービスの収集・監視・保管など一部の機能の無償提供を継続しており、有償化に向けて改修を重ねている。

スポンサーリンク

セキュアヴェイルの業績売上推移

セキュア

  1. 基幹商品のサービスレベル向上…既存顧客の満足度を向上し契約の継続
  2. 既存顧客へ営業リソースを集中…顧客単価向上のためにシステム更改の獲得と提供サービスの範囲を拡張
  3. パートナー企業の拡充と連携強化…新規顧客の効率的獲得のため既存パートナーの他部署への展開とWebマーケティングを実施
  4. 新ビジネスモデル強化による新たな顧客ベースの創出…新たな成長基盤の創造のためにNetStare Suiteの早期有償化

の4つを成長実現のためのコア戦略としています。

セキュアヴェイルの収益の柱

  • セキュリティサービス事業

セキュアヴェイルの最近の動向

  • 人材派遣を主業とする新会社「株式会社キャリアヴェイル」を設立

セキュアヴェイルの強み・ビジネスモデル

  • システム部門のセキュリティ担当者という視点でワンストップ運用監視サービス(NetStare)を提供
  • 毎月・毎年と継続してサービスを提供するストック型のビジネス
  • 安全性と可用性を融合させたフルサポートサービスの提供

セキュアヴェイルのリスク

  • システム不具合
  • ソフトウェア開発体制における一部技術者への依存

その他3000番台の銘柄

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る