【2269】明治ホールディングス企業研究|業績売上推移・ビジネスモデル

スポンサーリンク

明治ホールディングス株式会社は、株式会社明治とMeijiSeikaファルマ株式会社を傘下に持つ純粋持ち株会社です。

【2269】明治ホールディングスの概要

「明治おいしい牛乳」や「明治ブルガリアヨーグルト」、「ミルクチョコレート」などのブランドを持つ乳業・菓子大手。「食と健康」に関わる企業として、明治グループ独自の強みを生かした価値創造により、持続的な成長を実現。た、調達や環境マネジメントを推進することで、持続可能な社会に貢献している企業。

スポンサーリンク

株式会社明治

乳幼児から高齢者まで幅広い世代のお客さまに向けて、粉ミルク、牛乳・乳製品、菓子、スポーツ栄養食品、高齢者向けの食品や流動食まで、多岐にわたる商品をほぼ全ての温度帯の物流システムと、幅広い流通チャネルで届けている企業。

Meiji Seika ファルマ株式会社

人びとの「健康」と「いのち」を守るため、医療用医薬品事業においては感染症治療薬・中枢神経系疾患治療薬、ジェネリック医薬品の3つの柱を軸に展開。

明治ホールディングスの事業ドメイン・主な収益の柱

  • 食品(ヨーグルト、チョコレートなど)
  • 医薬品

明治ホールディングスの強み・ビジネスモデルの業績売上推移

明治

明治グループ100年で培った強みに、新たな技術や知見を取り入れて、「食と健康」で一歩先を行く価値を創造し、日本、世界で成長し続けることを目標に掲げている。

  • [食品セグメント数値目標]営業利益成長率(年平均) 6%台26年度 海外売上高比率 10%以上
  • [医薬品セグメント数値目標]営業利益成長率(年平均) 9%台26年度 海外売上高比率 30%以上

明治ホールディングスの強み・ビジネスモデル

  • 長年培ってきた圧倒的なブランド力
  • 豊かな素材と優れた研究開発力
  • マーケティング力・営業力

明治ホールディングスの最近の動向

明治グループ2026ビジョンを発表

<目標水準>

  • 営業利益成長率 1桁台半ば以上 (年平均)
  • 海外売上高比率 20%以上
  • ROE 10%以上を維持

明治ホールディングスの課題・リスク

  • 不良品や食中毒など
  • 個人消費の落ち込み
  • 原材料価格の高騰

その他2000番台の企業

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る