トークンエコノミーについて知っておきたいこと

トークンエコノミーについての記事です。シェアリングエコノミーとならび、これからの経済のしくみの中で台頭していくかもしれません。

トークンエコノミー

トークンエコノミーとは、心理学用語の中に出てくるトークンエコノミー法の適切な反応に対してトークン(代用貨幣・証券化)という報酬を与え、目的行動の生起頻度を高める行動療法の技法からくる派生したものと考えています。実経済では、世の中の様々な事物の権利や価値をトークンして譲渡売買できる経済が、トークンエコノミーということになります。

トークンエコノミーの活用

自分自身をトークンしていくことも考えられます。そうやって、証券化された自分を売買することで、さらに、自分の価値を上昇させていくことが可能になります。実績と信用がついてくるからですね。

新しい働き方が模索されつつある現代ですが、自分自身をトークンすることで、報酬の適正化も図られ、よりよい人生を送れるのかなあと思います。会社に雇われるのでなく、会社に自分を買わせているという感覚でしょうか。

スポンサーリンク