ソフトバンク、半導体設計大手、ARM(アーム)ホールディングスを買収。

今回の買収で何を見据えているのか。

ソフトバンクグループは18日、英国の半導体設計大手、ARM(アーム)ホールディングスを買収することで合意したと発表。買収総額は約240億ポンド(約3.3兆円)で、日本企業によるM&A(合併・買収)としては過去最大規模とのこと。

スポンサーリンク

買収のスキーム

英裁判所での承認などを経て、ARMの発行済み株式と、発行予定株式の全てを現金で買い付けをし、9月末までに手続きを完了し、そのうえで、完全子会社。買収資金のうち、1兆円は、みずほ銀行のブリッジローン(つなぎ融資)で調達。

ARM(アーム)ホールディングス

ARMはスマートフォンやタブレット端末向けの半導体を設計し、そのライセンスを世界の半導体メーカーに提供。特にスマホ向けで世界的に高いシェアを持ち、スマホの95%のシェアで提供。

孫正義社長は「IoT(モノのインターネット)がもたらす非常に重要なチャンスをつかむためだ」と、買収の狙いを強調。英ARMについては、「世界的に名高いテクノロジー企業で、この分野での圧倒的なマーケットリーダーだ」と評価した。

ARM(アーム)ホールディングスは、モバイル端末の半導体の雄ともいえる存在であって、通信事業ともう1つの事業基盤を持つことで、結果としてシナジーを生んでいくのではないだろうか。今は、遠く離れた点と点だが、結果として、線に結ばれる気がします。IoTは、IT×○○であって、業界の垣根越えているので、どんな企業を買収しても、結果としてシナジーを生むのではないだろうかと思う今日この頃です。

スポンサーリンク