スマートポータルの時代へ

スマートポータルが来るのでは?と予想した記事です。

スマートポータルの時代

今や、インターネットの利用時間のうち、約50%がスマートフォンのアプリになった時代です。それまで、パソコンもタブレットが席巻していた時代とは異なっています。

一日目覚めて、デジタルに最初に触れるのはスマートフォンという入り口です。

スポンサーリンク

検索からチャットアプリへ

これまで、インターネットでWebサービスを使っていたころは、検索サイトが大きな役目を担ってきました。自分の目的地へたどり着くために、まず検索からするが主流でした。アプリでは、アプリ内にある情報しか検索ができません。

ここで、スマートポータルの登場です。

スマートポータル

LINEのようなチャットアプリが、情報を探すハブになっていく仕組みです。または、AIが発達して、会話型のコミュニケーションで情報に辿りつくようになるのかもしれません。

チャットアプリやAIコミュニケーションを通して、情報を検索し、行動や消費を起こしていく時代になっていくのかもしれません。そうなると、今後は、チャットアプリ会社と通販や予約サイトの提携やチャットアプリに代わるAIコミュニケーションを通じたスマートポータル的なものが開発されるかもしれませんね。

2020年の東京オリンピックのときには、どんな会社のどんなアプリ、ツールが主流になっているのか想像するだけでも楽しみですね。

スポンサーリンク