個人投資家が投資で失敗するパターン

個人投資家が投資で失敗するパターンをまとめています。個人で最も多い失敗で考えられるのは、「売り時を逃す」というこっとでしょう。そのほか、どのようなことがあるでしょう。それでは、個人投資家が投資で失敗するパターンをみていきましょう。

個人投資家が投資で失敗するパターン

  • 下落途中で買い増し(ナンピン買い)をしたが、結局売却損を出す。
  • 株主優待狙いで購入した銘柄が値下がり、結局売却損を出す。
  • 売り時を逃して、結局売却損を出す。
  • 誤発注し、結局売却損を出す。
  • 情報を鵜呑みにして、購入するが、結局売却損を出す。
  • 信用取引での追証などで、借金を残す。

など

スポンサーリンク

心得

  • 「見切り千両」と心得て、塩漬けをさける。
  • ナンピン買いは熟考する。

「落ちるナイフはつかむな」と言われます。ついやりがちな失敗となります。下調べをし、長期的スタンスが基本でしょう。

あわせて読みたい

スポンサーリンク