信用リスクモデル

信用リスクモデルについてまとめています。

信用リスクモデル

信用リスクモデルは、社債など債務不履行の可能性のある債券に対して、信用リスクの大きさを推計するモデルをいいます。様々な推計方法が考案されています。主なモデルは、構造型アプローチと誘導型ブローチに分類されます。

スポンサーリンク

構造型アプローチ

構造型アプローチは企業の財務データに基づいて信用リスクの大きさ推定するもので。例えば企業価値は債務の時価を下回った場合には、デフォルト状態であると判断するタイプのモデルが含まれます。バランスシートアプローチモデルと呼ばれ、実際には、オプションモデルを用いたなど様々バリエーションが存在します。

誘導型アプローチ

誘導型アプローチとはデフォルトが起こるメカニズムを捨象し、一定の確率でデフォルトが発生するという形を想定した上で、信用リスクその大きさは推計しようと試みています。デフォルトの発生に関する確率過程の与え方によって、複数のモデルが指定されています。

あわせて確認

スポンサーリンク