新株予約権の行使が株価の急落を招く理由

新株予約権の行使が株価の急落を招く理由について簡潔にまとめておきます。

新株予約権

新株予約権とは、それを発行した株式会社に対して権利を行使することによって、その株式会社の株式の交付を受けることができる権利のことです。新株予約権証券の所有者は、新株予約権を行使して、一定の行使価格を払い込むことで、会社に新株を発行させることができます。または、会社自身が保有する株式を取得することができます。一般的に、企業は引受先を証券会社にします。

スポンサーリンク

新株予約権の行使で株価の急落

新株予約権の行使されると一時的また短期的に株価は急落する傾向になります。その理由として

  • 行使により大量に株が売りに出されるため
  • 個人投資家も警戒し売るため

が大きな理由として挙げらます。

行使されまでの株価の推移は?

一般的にはこの新株予約権のIRが出た時点で個人投資家が売り走る傾向があり、翌日は下がるものの、しかしながら、企業は、株価が下落してしまうと新株予約権が行使されず、資金調達ができなくなってしまうため、株価を上げようとなんらかの対応をとるケースも少なくありません。

たとえば、

  • 実現しそうもない明るい見通しのIRを発表
  • タッグを組んでいると思われる投資(ファンド)会社による買い

そうすることで、個人投資家を買いに走らせ、株価がつり上がっていくというケースが見られます。そうやってつり上げられ高値で、新株予約権の行使がされ、そのあと急落というパターンに陥ります。

まとめ

最近では、新株予約権の発行の際には、個人株主にも配慮した施策を打ち出してくる企業も出てきました。いい例の一つが、じげんのケースでしょう。投資をする際には、こういうビジネスモデルのほか、このような株主に配慮したファイナンス施策を打ち出せる企業なのかも大切な指標の1つとも言えます。
参考じげん、”株価・トリプル25”達成条件型新株予約権の発行

スポンサーリンク