サンバイオ、アメリカ医薬会議(ACRM)で、再生細胞薬SB623の効果報告

サンバイオが、学際的な研究で有名なアメリカ・リハビリテーション医薬会議(American Congress ofRehabilitation Medicine Conference)の年次総会にて、脳梗塞により慢性の運動障害をきたした患者を対象に米国で行ったフェーズ 1/2a 試験の投与後 1 年の中間試験結果を発表。

SB623の効果は良好

再生細胞薬 SB623の安全性および忍容性のほか、本剤により脳梗塞発症後に慢性の運動障害をきたした患者様の運動機能
の改善が示唆されたとのこと。

スポンサーリンク

SB623の臨床試験

患者 18 例を対象とした非盲検単回投与フェーズ 1/2a 臨床試験であり、脳梗塞発作後 6 ヵ月から 5 年が経過した慢性の運動障害を有する患者様を対象に実施。臨床開発部長のジェリー・ルー医師は、以下のようにコメント

「脳梗塞により慢性の運動障害を有する患者様に対し本剤を投与したところ、運動機能について統計学的に有意な改善が見られただけでなく、改善が持続していました。」

上市されるまでの家庭はもうしばらくですが、経過としては今のところ順調にきているようですね。

サンバイオという会社

【4592】サンバイオ企業研究
東証マザーズのバイオ関連のサンバイオについての企業研究です。 【4592】サンバイオ 「再生細胞薬の開発を通じて、ア
スポンサーリンク

コメント

  1. 杉田昭 より:

    慢性期ですが、治験を希望します。

  2. 杉田昭 より:

    臨床が成功するのを期待している、慢性期の者です。