【株式用語】ROE

ROEについての解説。自己資本利益率のことで、計算式は、純利益÷自己資本。純利益を自己資本で割ったもの。

ROE

株主から集めた資金でどれだけ利益を稼いでいるかを表した指標で、経営効率を示す代表的な指標。株主にとっては、自分のお金のコストパフォーマンスがわかるので、注視しておきたい数字の1つだろうと思います。

企業を投資商品とみなした場合の投資家にとっての利率に相当し、基本的に高い方が臨まれます。外国人投資家など機関投資家は特に重視する傾向にあります。

スポンサーリンク

傾向・ポイント

日本の場合、内部留保を多く抱える傾向にあり、ROEは低くなりやすく、通常10%だと優良の部類だろうと思わます。一方で、過小資本の場合も数値は高くなるので、その場合自己資本比率などの財務体質が必須です。

あわせて確認

スポンサーリンク