プット(売る権利)のしくみ(基礎)

今回は、オプションのしくみ(基礎)の続きで、プット(売る権利)について詳しくみていきたいと思います。

プット(売る権利)のしくみ

日常生活に置き換えて考えてみます。

あなたが、何年も使っている自転車があったとします。そろそろ、新しい自転車を欲しくなったとします。新しい自転車を買う目に、古い自転車を売らないといけません。どうやって売るでしょうか?今では、メルカリ、ヤフオクで売るのでしょうか。

ここでは、ヤフオクで売るとしましょう。実際に、自転車を出品し、1万円で入札があったとします。売るべきでしょうか?しかしながら、もしかしたら、別のところで出品すれば、1万2000円で買ってくれる人もいるかもしれません。

どうやったら、少しでも高い値段で、売ることができるでしょうか。

それが、できるのがプットというしくみです。

スポンサーリンク

自転車をプットする

たとえば、相手から1000円で「プット」という紙切れを買うということは、相手に1万2000円で自転車を売る権利を手にいれることになります。自分が売りたいときに、相手に、自転車を押し付ける(putプット=押す)できるということです。

でも、相手は、どうしてそうしたいのでしょうか。
なぜ、相手は、自転車を高い値段で買うと約束するのでしょうか。

それは、あなたが、相手からプットを買うと、相手に1000円が入るからです。相手は、プットを売ることで、お金が入るから、1000円もらって、あなたが売りたいときに1万2000円で買うことを約束するということです。

本心を言えば、相手は、あなたがもう戻ってこないことを期待しているんですね。つまり、後であなたが、1万2000円で自転車を買ってくれって、言わないことを望んでいるわけです。そうですよね。あなたが、売りたいと言えば、必ず相手は、1万2000円を支払わないといけないからですね。だけど、相手は、1000円受け取ったあと、あなたから二度と連絡がないことを期待しています。

つまり、相手は、あなたが自転車を買ってくれと言ってくる可能性があることがわかっているけれど、そのリスクを承知で1000円を受け取っているわけです。

相手は、この取引が、あなたにも、自分にもすごくいいものだと思っています。相手は、プットを売って1000円を受け取れるし、あなたは、いつでも売りたいときに、1万2000円で自転車を売ることができるので安心です。実際に、あなたも得している思っているはずです。

(つづく)

スポンサーリンク