ストックオプションを行使するとは?

投資している企業が、ストックオプション(※新株予約権の1つ)を発行した。行使価格がいくらとある。そもそも、「ストックオプションを行使するとは?」という疑問をもつ株主の方も少なくないようなので、ストックオプションを行使することの意味を解説していきたいと思います。
※新株予約権は、第3者に付与されることもあります。

ストックオプション

株式を買う権利です。上場企業や上場を目指す企業では、役員や社員に対して、自社株式を対象とするストックオプションを与えることがあります。この場合、ストックオプションは業績連動型(株価連動型)の報酬とみなすことができます。

企業業績が向上して株価が上昇したり、株式公開が実現できたりすると、オプションを権利行使することで、役員や社員は報酬を得ることができます(将来株価が上昇した時点で権利行使を行い、会社の株式を取得・売却して、株価の上昇分の報酬を得られる)。このことが、役員や社員のモチベーションを高めたり、企業価値や株式価値に対する意識を高めたり要因です。

スポンサーリンク

ストックオプションを行使

ストックオプションでのインセンティブの過程は、権利が付与され、権利を行使して、株式を売却することで得ることができます。

  • 権利の付与…あらかじめ定められた価格(ほとんどの場合は付与時点の時価。行使価格という)で、株式を購入する権利が与えられます。
  • 権利行使…行使価格で株式を購入。(この時点では、インセンティブは発生しません。株を所有できたということ。)
  • 株式売却…株式を売却したときの株価>行使価格で購入した株価であれば、キャピタルゲインとしてのインセンティブが発生します。

まとめ

  • ストックオプションをもらえたから、何か得したということもありません。
  • ストックオプションを行使したから、その時点で何か得したということもありません。

ポイントは、株式を売却価格が行使価格より高くないとインセンティブは発生しません。

つまり、ストックオプションの権利を付与された人(主に役員や従業員)は、自社の株価が上がらないと、未上場企業では、上場して株式を公開しないと、最終的にはインセンティブが発生しないので、そのためにも一生懸命、頑張るという側面があります。

もっと言えば、経営者からすると、ストックオプションの権利行使条件は、株式を新たに発行するので、株式保有率が薄まりますが、必ず満たせるということを株主にコミットしていることにもなり、その安心感から、その後、行使されるまでは、株価は上がる傾向もあります。
確認新株予約権の行使が株価の急落を招く理由

行使条件と株価上昇

現在よりも高い目標の利益だったり、株価だったりする条件が多数なので、少なくとも、その条件は満たせるのだろう。または、その条件をクリアするように頑張ってくれるだろうと市場は判断する向きがあるようです。

あわせて確認

スポンサーリンク