【3668】コロプラ企業研究

VRをけん引するかコロプラ

■ 会社の紹介
スマホ向けが主軸のゲーム開発会社。主力ゲームの「白猫プロジェクト」は、累計9400万ダウンロードとなっています。

■ 収益の柱
・スマートフォンネイティブアプリサービス
・プラットフォーム運営サービス
・リアル連携サービス

■ 強み
・新作開発力
・商品展開力(CM、SNSなどをうまく活用)

■ 最近の動向
・エイティングをTOB
・「激突!!Jリーグプニコンサッカー」リリース
・「ドラゴンプロジェクト」リリース

■ 投資指標 (★3つが最高)
経営者     ★★★
ビジネスモデル ★★
将来性     ★★★
財務体質    ★★★

■ リスク
・ゲームシステム不具合

■ 投資判断
長期的にはVR(仮想現実)への対応が鍵になりそうです。すでに、アメリカオキュラスの製品向けの作品を配信。また、10月発売のプレイステーションVR対応作品も販売予定。また、ゲームに限らず360度動画を手掛ける子会社の設立、VR専門ファンドを立ち上げるなど、VR領域への事業基盤を着々と進めている。ファンダメンタルズの面からも、長期投資判断としては、買いと思われる。

スポンサーリンク