新自由主義

新自由主義とは…

新自由主義は、フリードリヒ・ハイエクやミルトン・フリードマンなどに代表されるように、「国家は万能ではにあし、また国家は既得権益の巣窟となるなどの理由から、できる限り、国家の市場への介入を排除して、経済活動を市場そのものに任せるべき」と感がる立場をとること。政府の財政支出などが必要とするケインズ経済学とは立場は逆ともいえます。

(参考1)フリードリヒ・ハイエク
オーストリア・ウィーン生まれの経済学者、哲学者。オーストリア学派の代表的学者の一人であり、経済学、政治哲学、法哲学、さらに心理学にまで渡る多岐な業績を残した人。20世紀を代表する新自由主義をの思想家と言えます。

(参考2)ミルトン・フリードマン
アメリカ合衆国の経済学者。1976年にノーベル経済学賞を受賞。主な研究対象として、消費理論、金融分析などであり、社会保障制度など、すべての政府介入は有害無益としました。

スポンサーリンク