参照点依存症

参照点依存症

人は損得を測るうえでの基準(参照点)を持ち、そこからの変化で損や得の度合いを判断することを参照点依存症と言います。たとえば、株価が1000円から1200円に短期間で上昇。そこからしばらくしてから1300円へ。当初の株からすると1000円から1300円で300円も上がっているのですが、もう少し上がるのではなくかと利益確定ができないことがあります。買った段階においては、1300円になったら売ろうと決めていても、もう少し持っていようかになってしまいます。

これは、利益の度合いを測る参照点を当初のく1000円から1200円に無意識に変更してしまっているからです。1200円と比べたら100円となってしまっているわけですね。

スポンサーリンク