感応度逓減性

感応度逓減性

損や得は、度合いが増すと、だんだん感覚が麻痺していく傾向があること指します。例えば、100万円で買った株が、最初に10万下がって90万になった時の損失感は大きいですが、90万円が85万円なり、80万円になりと損が拡大していっても、当初ほど喪失感は抱かなくなります。

スポンサーリンク

最初の喪失感を忘れない

最初の痛みにの時に潔く損切りができることが望ましいです。その機会を逃すと、その後はずるずると下落する株価に付き合うことが多くなりますので、潔さが大切です。

人の感覚のなれは怖いです。

スポンサーリンク