【4593】ヘリオス企業研究とビジネスモデル

ヘリオス企業研究とビジネスモデルです。『「生きる」を増やす。爆発的に。』というミッションの下、幹細胞技術をもって難治性疾患を罹患された方々に治癒と希望を届けるべく、当事業年度より取組みを開始いたしました体性幹細胞再生医薬品分野、iPS細胞に関連する技術を活用した再生医療等製品(iPSC再生医薬品)の研究・開発・製造を行うiPSC再生医薬品分野及び化合物医薬品分野において事業を行っている企業。それでは、【4593】ヘリオス企業研究とビジネスモデルをみていきましょう。

【4593】ヘリオス

iPS細胞を活用した医薬品の開発を行うバイオベンチャーで、iPS細胞を用いた加齢黄斑変性の新たな治療法の実用化を目的に設立。従来型の化合物医薬品(低分子医薬品)分野に加えて、iPS細胞に関連する技術を活用した再生医療等製品(iPSC再生医薬品)分野を中核的な事業分野と位置づけ、医薬品の研究開発を行っています。iPS細胞を特定の細胞に分化誘導し大量培養したうえで、医薬品として製剤化し、人体に移植することで、老化等の原因により機能不全に陥った細胞を健康な細胞に置換し、機能回復を図るというモデルです。非常に人類にとって画期的なビジネスですが、何分、未知の領域のiPS再生を扱う起業なので、余裕資金で純粋な投資をお勧めします。しかしながら、こういう起業にこそ投資が集まってくる機運も大事だと思われます。

スポンサーリンク

主な収益の柱・事業ドメイン

  • 欧州での眼科手術補助剤の売り上げに係るロイヤルティ収入
  • 再生医療事業の取り組みに関するコンサルティング収入

パイプライン

  • 体性幹細胞再生医薬品分野のパイプライン(HLCM051)
  • iPSC再生医薬品分野のパイプライン(HLCR011、HLCR012、HLCL041)
  • 化合物医薬品分野のパイプライン(HLM0021、HLM0022、HLM0023)

最近の動向

  • 体性幹細胞再生医薬品 HLCM051 の日本における脳梗塞を対象とする治験(TREASURE 試験)被験者登録を再開
  • 横浜市立大学による iPS 細胞を用いた肝臓発生のメカニズム解明に関する論文科学誌 Nature に掲載される
  • 自社単独開発から製薬企業等との事業提携による開発に方針を転換し、パートナー企業の決定に向けた協議を開始

強み・ビジネスモデル

  • iPS細胞を活用した医薬品の開発

課題・リスク

  • 医薬品としての承認を取得するために行われる臨床試験(治験)は未だ開始されておらず、人体に対する安全性および有効性が確認されていない点
  • 製造・販売体制の構築に関する不確実性
スポンサーリンク