ペイパルマフィア

ペイパルマフィアとは、何者?

PayPal(ペイパル)創業者ピーター・ティール氏らは「ペイパルマフィア」と呼ばれ、ペイパル売却後も複数の起業を成功し、現在はシリコンバレーのスタートアップ育成で重要な役割を担っている人たちです。

スポンサーリンク

PayPal(ペイパル)

クレジットカード決済のアメリカに本社を置く企業。ご利用手数料無料。いつでも、誰にでも。よりかんたんに安心して使えるしくみで、世界中で選ばれている決済サービスを展開しています。

そんなペイパルマフィアが、日本のスタートアップに注目

ルイス氏は、5月13〜14日に千葉・幕張で開催された「スラッシュ・アジア(Slush Asia)」に登壇しています。その語のインタビューで、
すでに日本のスタートアップ十数社と会合をもったことを明かしています。その理由の中に「新規株式上場(IPO)が容易」「創業者の質が高い」などを挙げています。

※ルイス氏
ユニコーン(評価額10億ドル以上の非上場ベンチャー)である配車サービス、Lyft(リフト)への投資を成功させており、Foundersfundパートナーであります。

ファウンダー(創業者)の質はとても高く、人々はビジネスに対してひたむきだ。ビジョンを達成するための努力を惜しまないと感じたているルイス氏を含むペイパルマフィアの日本での動きに注目です。

スポンサーリンク