富裕層の定義

大手コンサルティング会社ボストンコンサルティンググループによると…

富裕層の定義は、家計金融資産を100万ドル以上保有している世帯、超富裕層は1億ドルを超える世帯としています。一般的には、リーマン・ショック以降国内の富裕層は減少傾向にありましたが、2011年以降は再び増加に転じています。これはアベノミクスによる株価上昇が富裕層の増加をもたらしたとされています。

スポンサーリンク

日本の富裕層

上場企業及び非上場企業の株主が多いとされています。2013年の調査では、世界3位の124万世帯が富裕層になっています。しかしながら、富裕層の割合と超富裕層の世帯数はランキング外となっています。

日本における超富裕層と富裕層の割合は、およそ2%となっています。

スポンサーリンク