クックパッド、決算業績好調、今後の方針示す

業績よりも今後の方針が焦点だったが…

結論から言えば、創業者佐野氏の主張してきたように、料理レシピに特化していく方向感が示されたといます。7月1日付けで新たに2事業を分社とのこと。

・特売情報サービスを受け継ぐ「トクバイ」
・健康情報事業を手がける「おいしい健康」の2会社を新設。

また、衣料やキッチン用品などの電子商取引(EC)事業を手がける子会社のセレクチュアー(東京・品川)の株式の譲渡を検討に入ったと発表。料理レシピ会社に特化し、今後の事業を進めていくという意思を感じます。

これまで、穐田誉輝前社長が「食を中心とした生活インフラを整備する」として新規事業の拡大を進めてきました。結果を残して、株価もグングン上げてきていましたが、ここらで一息つきそうですね。様子を見るというのが投資家の心情じゃないでしょうか。社員も、株主も、穐田氏を評価していただけに、(事実、社員たちは、穐田前社長の復帰を求める署名活動が展開した。)今回の創業者の行動は、もう少し対応の仕方があったものと思われます。

スポンサーリンク