カスケード理論

カスケード理論(cascade theory)

1990年代に社会心理学の分野で得られた知見が行動経済学に取り入れられ、情報カスケードという概念が提唱され、理論化されたものです。
情報が不十分なとき、他者の行動を合理的なものと考えて、それを模倣する行動が繰り返される現象を指します。

(例)
飲食店の前に、その店についての情報を持った人間が2人並ぶと、その後に情報を持っていない人々が次々に並ぶ現象です。株式市場においても、合理的な情報を持った投資家が売った場合(買った場合も)、市場全体または、個別の銘柄の価格形成がゆがみ、過剰に割安(割高)になる状況があるのにあてはまります。

スポンサーリンク