アキュセラ、加齢黄斑変性治療薬の臨床第2b/3相試験の最終被験者の来院完了

加齢黄斑変性治療薬の臨床第2b/3相試験のLPLV完了

いよいよですね。
No news is Good news。
ここまできたかという感じです。

アキュセラが、加齢黄斑変性治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」の臨床第2b/3相試験の最終被験者の来院(LPLV)を終えたと発表。ドライ型加齢黄斑変性の患者508人を対象に実施したこの試験は、最後の登録被験者が24カ月の投与期間を完了し、最終来院を終えたとこのこと。主要評価項目の達成に関する評価となるトップラインデータは、6月に公表する予定です。

公式のIRでは、窪田良しも、感謝の意を述べ、トップラインデータを報告できるのを楽しみにまっていると行っています。ここまで、大きな問題なくこれています。今回のIRは、株主にとっても安心につながるばかりでなく、さらに応援しようと気持ちにさせるものだったと思われます。

スポンサーリンク