インバウンドへ対応加速

訪日外国人急増に対応をしてホテル容積率を緩和へ

国土交通省は、ホテルの新築や建て替えをする際、同じ敷地面積でもこれまでより大きなホテルを建てられるよう、建物の容積率を緩和する方針とのこと。

外国人観光客の急増で東京や大阪などの大都市のホテル不足が深刻化しているため、整備を後押しする狙いがある。地方都市でも老朽化した建物がホテルに建て替えられれば、誘客につながると期待されます。

ここ福岡でも、コンサートなどイベントがあれば、東京や大阪からの出張のビジネスパ-ソンもホテルがとれないと困っている人も少なくありません。訪日外国人だけでなく、国内のビジネスパ-ソンにとってもいいことかもしれません。また、ホテル、民泊関連の銘柄も、引き続き注視ですね。

(関連記事)【テーマ】インバウンド関連

スポンサーリンク