【2931】ユーグレナ

ユーグレナ

東京大学農学部の研究成果を中心に、世界で初めて微細藻ユーグレナ(ミドリムシ)の食品用途での屋外大量培養に成功するなど、これからも期待がもてるバイオベンチャーです。

■ 会社紹介
ミドリムシを活用した機能性食品の製造・販売、バイオ燃料の研究開発

■ 収益の柱

現在、ユーグレナを活用した食品製造販売及び化粧品製造販売

■ 強み
・世界初のユーグレナの食品用途屋外大量培養技術の活用
・直販サイトが拡大中
・ユーグレナ(ミドリムシ)の利用可能性が大きい。
 二酸化炭素を利用した培養が可能であり、食品や化粧品のほか、高付加価値な飼料の開発や航空燃料、環境浄化用途などで利用できる可能性。

■ 最近の動向
・ユーグレナの製品の販売を手掛けている会社2社を買収
・バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントを建設

■ 投資指標 (★3つが最高)
経営者     ★★★
ビジネスモデル ★★★
将来性     ★★★
財務体質    ★★

■ リスク
・研究開発費の増加

■ 投資判断
20年の国産バイオジェット・ディーゼル燃料の実用化に向けて期待のある企業。経営者及び幹部も将来見据えて、研究開発を重ねており、これからも株価の上昇は見込まれるのではなかろうか。ユーグレナ(ミドリムシ)の可能性に懸けてみたい人にとっては、うってつけの銘柄。

スポンサーリンク