ポイズンピル

ポイズンピルとは…

敵対的買収者以外の既存株主に有利な条件で新株を買う権利を与え、乱用的で奇襲的な敵対的買収防衛する手段です。買収者にとって毒薬(ポイズンピル)条項でない既存株主にとっては権利付与(ライツプラン)と解釈できます。日本における事前警告型のライツプランの典型的なスキームは次のようです。企業は株主に対して敵対的買収の行われた場合に新株を取得できる権利を付与します。

敵対的買収の行為とは買収者が一定の割合の株式を取得することです。新株予約権の行使価額は使用各部で相当低い為既存株主は権利を行使する新株取得します。また、買収者には新株引受権が与えられないため議決権の保有比率が大幅に低下します。加えて発酵済株式数の増加によって株価が下がるため買収者は経済的に大きな損失を被ることになります。敵対的買収を引き金にして発動するため、「トリガー条項」ともいわれます。

スポンサーリンク

日本でのポイズンピル

1980年代中葉からアメリカで普及した手法であるが、日本においては2005年(平成17)の株式会社ライブドアによる、ラジオ局ニッポン放送買収事件を契機に注目を集めました。一般にライツは新株予約権の形で表象され、信託銀行などに発行したものを、有事に際して株主に割り当てるような仕組みが考えられています。

スポンサーリンク