オフショア開発

オフショア開発とは…

企業が自社のソフトウェア開発業務の一部、または全部を海外に移管・委託することを指しますが、大きく2つのパターンが主です。

(1)資本関係のない海外企業にアウトソーシングする場合
(2)海外支社・法人を設立して現地で人材採用を行い、業務移管する場合

最近の動向として、アメリカの企業が、インドの企業へのオフショアが圧倒的に多いです。日本では、中国へのオフショアする企業もあります。今後、オフショアの需要は拡大し、シンガポール、フィリピン、タイ、ベトナム、韓国、ロシア、メキシコ、ブラジル、ハンガリーなどでも需要が広がるではないでしょうか。

スポンサーリンク

■ オフショア開発の目的

・アウトソーシングする側にとっては、コスト削減ニなる。つまり、自国より人件費が安い国へオフショア開発を委託。
・アウトソーシングされる側にとっても、人材の育成にもつながり、国の経済発展にも寄与する。これは、委託した側にとっても、同様で、成長した人材を将来の幹部候補として、自国の企業への登用も考えられる。

スポンサーリンク