改正銀行法成立。さらにフィンテック普及加速へ。

IT(情報技術)と金融を融合したフィンテックの普及を目指す改正銀行法が成立しました。家計簿アプリなどの金融サービスを手がけるベンチャー企業に登録制を導入し、情報管理や財務の健全性保持を求める法律となっています。大手銀行とベンチャーの業務提携や新たなサービスなどが始まっていきそうですね。

新制度は2018年春

金融庁は今春も銀行や持ち株会社による事業会社への出資制限を緩めてIT企業に出資しやすくする改正銀行法を施行している。2年連続でフィンテックをにらんだ法改正を進め、欧米並みの金融ITサービスの整備を急いでいる模様。

今回の改正法では、新サービスの育成を一段と進める方向。ベンチャー登録制と銀行システム開放を努力義務とするのが柱で、銀行はIT企業の安全対策を確認し、口座情報などのシステムへの接続を認められるようになります。企業が利用者からIDとパスワードを預かる必要を無くし、安全性を担保されることが予想されます。また、銀行とIT企業には顧客に損失が生じた場合の責任分担ルールを策定・公表することを義務づけるとのこと。

スポンサーリンク

注目のフィンテック関連銘柄