ルネサスエレクトロニクス、買収し自動運転半導体事業強化への方向

ルネサスエレクトロニクス、米インターシルを買収する方向

半導体大手のルネサスエレクトロニクスが、同業の米インターシル(カリフォルニア州)を買収する方向で最終交渉に入ったとのことが時事通信の報道。買収額は最大3000億円規模になる見通しで、ルネサスエレクトロニクスは買収により、自動運転などで需要増が見込まれる自動車向け半導体事業を強化するのでしょう。

スポンサーリンク

インターシル

インターシルは,自動車、産業機械、スマートフォン向けに半導体の開発、製造を手掛け起業で、特に電圧を調整する半導体の技術に強みがあるとのこと。

この買収により、車載向け半導体の品ぞろえを強化し、顧客企業の拡大を狙うのでしょう。自動運転は来年その元年を迎えようとしている時期です。この自動運転界隈がますます面白くなりそうですね。

スポンサーリンク