メタップス、日本瓦斯株式会社(ニチガス)と資本業提携!

メタップス、今度は、電力エネルギーでもAI活用

メタップスは、プロパンガスの小売で関東最大の顧客数を誇る大手ガス事業者である日本瓦斯株式会社と、資本業務提携を締結。共に「スマートエネルギー革命」を掲げ、利便性と業務効率向上のためにICTやAI技術を活用した共同の取り組みを開始とのこと。

スポンサーリンク

背景

昨今の電力自由化に続き、2017年4月からは都市ガスの小売事業も全面自由化され、家庭向けの小売販売では約2600万世帯が対象となり、その規模約2.4兆円の市場が一般事業者に開放されます。エネルギー業界では、価格競争で優位となるコストスリムなオペレーションが求められると同時に、ICTやAI技術の活用が急務。

このことから、電力においてはスマートメーターとデマンドレスポンスの導入なども注目されており、今後はエネルギーのデータ活用が様々な産業に影響を与え、急速な発展を期待されています。

メタップスの最近の動向

メタップス、消費行動の分析につながるAIソフト「ラプラス」を近く販売へ
メタップス、NASAと協業しAIを搭載した宇宙小説VOYAGERをリリース
メタップス、ビカム株式会社の株式取得により子会社化

スポンサーリンク