メタップス、ビカム株式会社の株式取得により子会社化

メタップス、ビカム株式会社の株式取得により子会社化

メタップス、ビカムを子会社することで、eコマース市場における業務の煩雑化が課題を解決する試みを始めるようですね。

スポンサーリンク

eコマース市場の課題

eコマース市場は、今後加速度的に拡大が見込まれる成長市場である一方、マーケティングを行う企業にとっては、デバイスの多様化と消費者の行動変化にあわせたコンテンツ管理と広告配信が必要となり、業務の煩雑化が課題となっています。

今回の子会社で試みること

ビカム社は、ショッピング検索エンジンの開発およびショッピング検索サイト「Become.co.jp」の運営をおこなっていますが、そこで行われている企業の自社の商品データを各広告配信先の仕様に最適化する「データフィードマネジメント」技術、「データフィードマネジメント」技術を活用し、eコマースを運営する企業にたいして、業務の効率化をサポートしていく方向になるのではと考えます。

メタップスの最近の動向

メタップス、6月より民泊事業参入を支援開始へ
民泊に参入を検討する企業をデータ解析提供により支援 メタップスは、国内3万件以上の民泊物件データを保有しているジェイピ
スポンサーリンク