投資の参考しているウォーレン・バフェットの名言

伝説の投資家ウォーレン・バフェットの言葉の中で、より投資の参考になった名言をまとめてみました。

ウォーレン・バフェット
ウォーレン・バフェットは、世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、幼少の頃からビジネスをし、最初の売却益で得たお金で投資をし、莫大な資産を築いた世界最高の投資家と言われています。投資スタイルは、利益を求めるだけの短期的な投機行為を好まず、企業を長期的に応援していく投資スタイル。

ウォーレン・バフェットの名言

スポンサーリンク

「なぜこの会社を買収するか。」という小論文を書けないのなら、100株も買うべきでない。

これは、会社や株式の購入のみならず、何か商品を購入するときや何か行動するときにも役立ちそうですね。まずは、株を購入しようとする企業について知ることですね。雰囲気やイメージで購入するのは危険ですね。

価格とは何かを買うときに、支払うもの。価値とは、何かを買うときに手に入れるもの。

言葉の定義がステキですね。この言葉の主旨とは、ズレますが株は売って初めて、現金を手にすることができるので、そこがやはり一番難しいですね。マイルールに従って、売ることが大事なんだと思います。

50年経っても、みんながほしいと思うのをつくっていること。これが投資判断の基準だ。

これは大事ですね。それが、20,30年経っても、自分も使っているものとなれば、株を購入する企業に値するのではないでしょうか。

ビジネスの世界で最も危険な言葉は、「ほかの誰もがやっている」だ。

株でも同じことが言えるような気がします。「みんな買っている」これにあたるでしょう。「人の行く裏に道あり花の山」の格言を思い出したい。

スポンサーリンク