マクロ経済学とミクロ経済学

マクロ経済学とミクロ経済学とは…

経済の研究には規模に応じて2つにカテゴライズする必要があります。国家全体の経済状態を見るにはマクロ経済学が、家庭や企業を対象とする場合はミクロ経済学が適用されます。

スポンサーリンク

マクロ経済学

マクロ経済学は、イギリスの経済学者ケインズによって、確率された学問で、GDP、消費者物価指数、失業率、株価、為替相場などの国家全体の状態を分析し、理想的な経済状態を実現するにはどうすればいいかを考える学問です。「政府」「企業」「家庭」が研究対象。

ミクロ経済学

ミクロ経済学は家庭や企業の経済活動から物価や市場のメカニズムを分析するもので、マクロ経済の基礎になる学問です。「企業」「家庭」が研究対象。

新しいマクロ経済学

イギリスのケインズの創始したマクロ経済学はアメリカに渡って発展し、ミクロ経済学の基礎付けを得た「新しいマクロ経済学」が生み出されています。これを「ミクロ的マクロ経済学」とも言います。

スポンサーリンク