カヤック、「自宅葬」に特化した葬儀ビジネスに参入

葬儀ビジネスの子会社設立

カヤックは葬儀ビジネスに参入する。都市部を中心に葬儀の規模が小さくなっているため、葬儀場を使わない「自宅葬」に特化した子会社を立ち上げ、持ち家率が高い鎌倉市などで事業開始とのこと。チャット形式での相談などIT会社ならではの営業形態も強みに、営業地域を広げる格好。なお、自宅葬は同社が24日に設立する子会社「鎌倉自宅葬儀社」が手がける。

スポンサーリンク

コンシェルジュとチャットが売り

他の葬儀会社で勤務経験のある自宅葬の専門家「自宅葬コンシェルジュ」と自社サイト上にチャット形式の質問コーナーを設置し、料金や他社との違いなど、自宅葬に関する疑問を気軽に解消できることが売りになっていきそうです。式場費や装飾費、遺体の安置料のほか会場への搬送費などがかからない、いろいろ利便性はありそうですね。

カヤック、最近の動向

カヤック、子会社サービスプラコレWeddingがチャットでウェディングプランナーと相談開始
カヤック、日本初のプロゲーム音楽交響楽団「JAGMO」 2016年8月に公演決定

スポンサーリンク