株式投資、株を購入する際のポイントのまとめ

これから株式投資を始める人にとって、どの企業の株を購入したらいいか迷うところだと思いますので、その株を購入する際のポイントをまとめておきます。私の見解ですので、多くの情報を整理して、自分に合ったスタイルで、株式投資としましょう。

株式投資、株を購入する際のポイント

まず、株価は、どう決まるのかを理解しておく必要があります。株価が決まる基本的な要素を解説していきます。

スポンサーリンク

景気

「景気」です。一般的に日本や世界の景気が良くなれば、株式を発行している企業の業績もよくなり、必然的に利益も増えます。よって企業の価値が向上し株価を上げる要因ととなります。つまり、どの企業の株を購入するにも、まず、景気がどうなるかを鑑みた思考が大切です。株は、購入する時期(タイミング)は非常に大切なので、よく景気について考えておいた方がいいでしょう。

業績

企業の「業績」です。業績の上方修正や新商品の発表、他社の買収の発表など、個別企業に関するニュースが出た場合、企業の業績を向上させるものと判断される場合、株価は上昇します。しかしながら、株の格言に、「思惑で買い、事実で売り」ということもあるように、事実が分かった時点で購入すると高値でつかまされるということになりかねません。長期的には、問題ありませんが、短期では評価損の状態になりますので、思惑があるうちに、購入するのがいいでしょう。

需要と供給

需要と供給です。需要とは、株を買いたいと思っている人がどれくらいいるかです。供給とは、株を売りたいと思っている人がどれくらいいるかを示します。株を買いたいと思っている人が、売りたいと思っている人より多ければ、株価が上がる要因になります。逆に買いたい人よりも売りたい人の方が多ければ、株価が下がる要因になります。要は、流動性です。流動性がないと、買いたいときに買いたい価格で、売りたいときに、売りたい価格で売れないときがしばしばあります。

まとめ

株価は、以上のような要因で決まることが多いです。その上で、株式購入の際のポイントですが、以下のようになります。

  • タイミング…景気、業績・材料への思惑などを
  • 将来の展望…その企業のビジネスモデルや社長インタビューなどから探る

以上のように、いつ買うかのタイミングとその企業がどれくらい成長するかという想像力が大事となります。その根拠を数字から図ることなどしながら、購入する価格を決めて、株価がその価格になったら購入するといいでしょう。

スポンサーリンク