株式を保有するということとは?

株式をもつことについての説明です。

株式の保有

株主は、会社のオーナー(所有者)です。会社が利益をあげれば、出資比率に応じた分け前(配当)をもらうことができます。また、社長をはじめとする役員の人事など会社運営の重要事項について、意思表明をすることもできます(議決権行使)。

その反面、事業がうまくいかず利益が出なかったり、最枠、倒産に至ってしまった場合、株主は損失を被ることになります。ただし、その損害は、「株式の購入代金が戻らない」というだけに留まります(有限責任)。

スポンサーリンク

大金がなくても、投資はできる

たとえば、「10億円」の出資を募る場合、「1人の大金持ちに満額を出してもらう。」のか、「1万人の10万円ずる集める」のか。どちらも金額は同じですが、「株式」の観点では、意味が少々異なります。

株式は、「会社のオーナー」である証です。1人の株主がたくさんの株式を持つことは、オーナーとしての権利をたくさん持つということにほかなりません。資本金5億円の感謝に、1人の投資家が10億円を追加出資すれば、その投資家の議決権は全体の3分の2におよび、会社に対する支配権を完全掌握することになります。

5億円を出している既存株主が、会社の経営方針をむぐって、この投資家と意見が対立しても、逆らえません。だから増資が必要となる会社はなるべく多くの投資家に呼びかけて薄く広くお金集めようとします。小口のポケットマネーを投資に回す個人投資家に、大きな期待を寄せられる理由の一つがこれです。

ただし単元といて、最低限の取引株数が決められている銘柄も多いので100株もしくは1000株、実際の株取引には、それなりにまとまった資金が必要ですが、数万円の手元資金から始める個人投資家は少なくありません。

スポンサーリンク