上場株式のみが証券市場で自由に売買できる

上場株式についての説明です。上場会社は、日本の285万社ほどの会社法人のなかで約3600社です。

一般的な株式投資

上場会社(公開会社)の株式が証券市場で取引されています。上場会社の株式を所有している人は、市場を通じて所有株式を自由に売ることできます。その逆に上場会社の株式ならば、誰でも市場で購入することができるわけです。

「誰でも」という点がミソで、増資の場合も、市場を通じれば、何万人という小口投資家に呼びかけることが可能となります。一般的な意味でいう「株式投資」とは、この上場会社の株式の売買を指します。

上場会社の株式なら、その会社の経営者や大株主と知り合いでなくとも、市場の窓口である証券会社に取引口座を開けばいつでも売買ができるようになり、極端な話「今、買って、すぐに売る」ことも可能です。

あるいは、「持ち株の半数を売って現金化するが、残り半分は資産として持ち続ける」といった判断も株主の自由です。

スポンサーリンク

上場会社でない会社の株式

上場会社でない会社の株式は、会社定款(民法などの法律に基づいて定められた、その会社の基本ルール)によって譲渡制限がつけられていますので、自由な取引はできません。

スポンサーリンク