じげん、フィスコレポートに掲載される

少しずつ市場からも注目を浴びる展開で出来高も増えてきているじげん。今回、フィスコのレポートに登場。簡単に掻い摘んでみると、業績好調、M&Aが功を奏しているということではないでしょうか。

じげんのM&A

2014年によじげん証券(3月)、ブレイン・ラボ(7月)、リジョブ(9月)、2015年2月にはエアロノーツを買収。いずれにの買収も成功といえ、シナジーを生み、成長スピードを加速しています。営業利益率は38.9%と高水準。

スポンサーリンク

それぞれの領域で急成長

・求人領域
求人領域の売上高は前期比56.0%増の3,679百万円と順調に拡大。

・不動産領域

不動産領域の売上高は同83.8%増の高い伸び

・生活領域
生活領域の売上高も同66.5%増へ急拡大。

横展開、縦展開と垂直統合型のビジネスモデルで成長は長く続くのかなあとも思います。エムスリー、クックパッド、スタートトゥデイ、モノタロウなどと同じ匂いはしないでもないですね。それらと違うのは、領域特化型でないところです。成功すれば、それらとは規模感が違ってくるのではと思ったり。

スポンサーリンク