2017年医薬・バイオ関連の注目銘柄(企業)のまとめ

医薬・バイオ関連の注目銘柄(企業)のまとめです。医薬・バイオ関連株は、ハイリスク・ハイリターンと言われがちですが、それらの企業がしている社会的意義は大きいものです。その分、研究、開発に莫大な費用がかかり、承認の確率も低いのが現状です。余裕資金で、純粋に応援したいと思う企業に、投資をしたい銘柄群です。それでは、医薬・バイオ関連の注目銘柄(企業)のまとめです。

医薬・バイオ関連の注目銘柄

スポンサーリンク

【4592】サンバイオ

「脳梗塞や外傷性脳損傷など中枢神経系疾患を対象に再生細胞薬の開発を通じて、アンメットメディカルニーズ(未だ有効な治療法がない治療ニーズ)を充たし、ステークホルダーにとっての価値を創造する」ことをコーポレート・ミッションに掲げ、子会社SanBio,Inc.(米国カリフォルニア州マウンテンビュー市)を研究開発の主たる拠点として再生細胞薬の研究、開発、製造および販売を手掛けている企業です。
確認【4592】サンバイオ企業研究とビジネスモデル

【4595】ミズホメディー

主に体外診断用医薬品に関して研究開発から設計開発、製造、販売組織による自社一貫体制を構築。インフルエンザ検査薬、妊娠検査薬、排卵日検査薬が主力の企業がミズホメディーです。
確認【4595】ミズホメディー企業研究とビジネスモデル

【7707】プレシジョン・システム・サイエンス

磁性ビーズを担体とするイムノアッセイやDNA抽出の自動化機器開発をスタートして、現在は、DNA増幅、蛍光(化学発光)測定、及び各種の試薬、解析ソフト等幅広く、総合的な開発を行い、独自のバイオシステムコンセプトの構築に成功している企業。
確認【7707】プレシジョン・システム・サイエンス企業研究とビジネスモデル

【4593】ヘリオス

iPS細胞を活用した医薬品の開発を行うバイオベンチャーで、iPS細胞を用いた加齢黄斑変性の新たな治療法の実用化を目的に設立。従来型の化合物医薬品(低分子医薬品)分野に加えて、iPS細胞に関連する技術を活用した再生医療等製品(iPSC再生医薬品)分野を中核的な事業分野と位置づけ、医薬品の研究開発。
確認【4593】ヘリオス企業研究とビジネスモデル

窪田製薬ホールディングス

臨床開発段階の眼科医療ソリューション・カンパニーです。失明や視力低下をまねく眼疾患に対する治療、または疾患の進行を遅らせる革新的な治療薬・医療技術の探索および開発に取り組んでいる企業。
確認【4596】窪田製薬ホールディングス企業研究とビジネスモデル

【4597】ソレイジア・ファーマ

大手製薬企業が業績重視の観点から着手しないがん領域、希少疾病領域での新規製品の導入開発を進め、未だ治療薬がないような患者さんへの貢献を果たすことを目指しているバイオベンチャー。
確認【4597】ソレイジア・ファーマ企業研究とビジネスモデル