アイリッジ、業績の上方修正!ここからのさらなる業績加速も。

今年、注目企業の1つに挙げさせてもらっているアイリッジ。今期の業績を早々に上方修正を発表していきました。現在の事業環境を事業拡大の好機と捉え、新規サービス、新規事業への取り組み強化に経営資源を投入する予定とコメントするなど、今後の業績加速も期待を抱かせます。

アイリッジ、業績の上方修正

営業利益、経常利益ともに、前回発表から97%増という利益構造の変化が読み取れますね。スマートフォン向けO2Oソリューション「popinfo」の利用ユーザー数が、5,500万ユーザーを突破するなど、順調にユーザー数を伸ばしてきています。今後は、三菱東京 UFJ 銀行、地銀公式アプリに導入されたり、ブロックチェーン技術のO2O領域への適用に向けた一次技術検証を実施、さらに電子地域通貨の商用化に向けた取り組み開始されるなど、フィンテック中でもブロックチェーン技術へ活用への期待もありますね。

【3917】アイリッジ企業研究とビジネスモデル
15年7月、東証マザーズ市場に株式上場した慶應義塾大学出身の小田健太郎氏が率いるアイリッジ企業研究です。 アイリッジ企
スポンサーリンク