IRとPRの違い・比較

IRとPRの違い・比較についてまとめています。株式投資をしていると、投資先がIRやPRを発表します。このIRとPRは、企業はどのように使い分けているのでしょうか。今回は、それについてまとめています。それでは、IRとPRの違い・比較をみていきましょう。

IR

IRとは、investor relations(インベスターリレーションズ)の略で、企業が株主・投資家に対して、投資判断に必要な企業情報を、適時、公平に、継続して提供する活動のこと言います。昨今では、個人投資家が増えているので、こういった企業の迅速かつ正確な情報開示が投資の指標としても大きな意味を持つため、IRの需要度が増しているといえます。

スポンサーリンク

IRの具体例

決算や事業に関する説明会の開催、年次報告書など資料の作成、ホームページ上の情報開示。また、株主総会を広義のIR活動と位置づける企業もあります。

PR

PRとは、public relations(パブリック・リレーションズ)の略で、企業や団体が社会と良い関係を構築するための活動をいいます。企業みずからの望ましいイメージおよびその施策や事業内容・主義主張などについて多くの人々に知らせて理解や協力を求める活動ともいえます。

PRの具体例

新製品のリリース(発表)など

IRとPRの違い

PRは基本的に企業のポジティブな情報のみを流すのみに足して、IRはポジティブな情報だけでなく、ネガティブな情報も開示しなければならない風潮があります。

PR IR
内容 商品や活動のいいところ 企業の経営・戦略情報など
対象 一般消費者 投資家、株主
目的 販売促進や認知度の向上・理解 企業経営の報告
スポンサーリンク