就活生も知っておきたい企業の業績の見方

今回は、株式購入の際の企業の業績の見方についてまとめています。一般的に、「売上高」「営業利益」「経常利益」「純利益」「1株益」の5つが大事だと言われています。

企業の業績の見方

スポンサーリンク

売上高

企業が商品やサービスを売って得たお金の合計です。ここから仕入れや人件費の費用を引いた残りが利益となるため、持続的な利益成長には、売上高の拡大は欠かせません。ポイントは、どのように売り上げを拡大しているのかも見ぬかなければなりません。たとえば、目先の売上のため、広告宣伝費を莫大に費やしているなどは、言語道断です。

営業利益

売上から仕入れ原価と人件費、広告費などを差し引いた利益です。本業で稼いだ利益です。つまり、企業の稼ぐ力を表すので、大事な数字の1つとなります。もっとも私が、企業業績のうち、重要視している数字です。

経常利益

営業利益から本業以外の損益を加えた利益です。本業以外の損益とは、為替や保有株の値動きによる損益、借入金の利息などがあてはまります。このように、為替や保有株を多くもつ企業の場合、大きく変動する決算期が出てきます。

純利益

経常利益から土地や投資資産の売却益や資産の減損といった一時的な損益(特別損益)を加え、さらに法人税などの税金を差し引いた利益です。これは、配当の原資となりうるものなので、配当を得たい株主が重視する数字となります。

1株益

純利益を発行済み株式数で割った数字のことです。1株当たりどの程度の利益を上げたかを表し株価に直接影響します。大量に株式を発行している企業は、必然的に、1株益は、低くなることが多いです。

まとめ

中長期のスタンスで株式を購入する私が業績で注目するとすれば、営業利益、売上高の順です。特に売上高は、どのように伸びているのか、その伸びている要因など分析する必要があると思っています。

あわせて読みたい

スポンサーリンク