ファンダメンタルバリュー

ファンダメンタルバリューについての説明です。

ファンダメンタルバリュー

企業活動のファンダメンタル分析に基づいて算出された理論的な評価額である。企業のファンダメンタル分析ではまずマクロ経済分析や産業分析など外部要因を分析する。

同時に企業内部の経営資源の強みや弱みを分析する。これらのプロセスにおいて、財務諸表の分析や経営戦略分析などを用いる。企業の現状を認識して、将来の財務数値を予測することでファンダメンタル分析は終了する。

ファンダメンタル分析により、将来のフリー・キャッシュフローや配当が予測される。DCF法や各種マルチブル(PER、PBR、EV/EBIDA比率などを用いて企業価値ヤ株式価値を評価し、ファンダメンタルバリューを求める。

実際の市場価格がファンダメンタルバリューを下回ってるいる時、企業は割安な自社株買いを行うインセンティブを持つ。逆に市場株価がファンダメンタルバリューを上回っている時は、増資や新規公開株(IPO)を検討するタイミングと言える。

スポンサーリンク

あわせて確認

スポンサーリンク