株取引は、「人気投票」?ファンが多いと株価は上がる。

今回は、株価はどうやって決まっていくかについて書いています。

株価はなんで決まるのか?

一般的に、会社の価値は業績によって決まるものです。儲かってる会社は、「企業価値が高い」といえますし、その逆もまた然り。事実、M&A(企業買収)の分野では、綿密な調査と会計によって、企業価値を算出しています。しかし、日々刻々と売買の取引が行われる上場会社の株の値段(株価)は、複雑な計算によって決められるというものではありません。

証券市場で取引される上場株式の値段は、実際は、「せり」で決まります。例えば投資家Aさんが「B社の株なら1万円で買う」と言ったとします。その時、別の投資家Cさんが「私なら2万円だ」と言えば、現株主のDさんはCさんに売りたいはずです。

逆に、かつて1万円だった買った株式でも、売る時に「5000円でしか買わない」という買い手しかいなければ、損を承知でその値段で売るか、売ること自体を諦めなければなりません。

また、株主の中には、「好きな会社だから応援したい。多少業績が下がっても株式を持ち続けたい」と考える、その会社のファンもいます。
株主の心をつかんでいる会社の株価は少々のことでは下がらないでしょう。つまり、証券市場で行われてる上場株式の取引には人気投票のような側面があるということです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

株式を保有するということとは?
株式をもつことについての説明です。 株式の保有 株主は、会社のオーナー(所有者)です。会社が利益をあげれば、出資
上場株式のみが証券市場で自由に売買できる
上場株式についての説明です。上場会社は、日本の285万社ほどの会社法人のなかで約3600社です。 一般的な株式投資
スポンサーリンク