デューデリジェンス(適正評価手続き)について

デューデリジェンスについて説明しています。

デューデリジェンス

デューデリジェンスは、投資家や金融機関あるいは事業買収者が取引を実施する際、投資対象は対象企業などの実態把握を目的に事前に行われる一連の調査行動を指す。

適正評価手続きと訳されることもありますが、そのままデューデリジェンスとして使われる場合も多い。もともとは、企業が証券発行する時の開示情報が証券取引法の基準の適合にしているかを投資家保護の観点から精査することを指して使われたのが語源だと言われています。

ヘッジファンドや不動産投資、金融機関の証券引受け、M&Aの意思決定のときやプロジェクトファイナンスへ関与するときなどに実施されます。

スポンサーリンク

あわせて確認

スポンサーリンク