クックパッド、今期3Qは、前年同期の+51.2%で会員事業が牽引。

クックパッドの 16年12月期第3四半期累計(1-9月)の決算。

順調に会員を伸ばすも、四半期利益は横ばい続く

16年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結税引き前利益は前年同期比51.2%増の61.3億円に拡大。前期比では、大幅に伸ばすも、四半期レベルでは、ここ数期は、横ばいが続き、来期以降の成長へ黄色信号が点灯しているようにも思えます。

会員は、順調に伸ばしていますが、今後の成長を占う海外の利用者数が減少しているのが気になります。

スポンサーリンク

クックパッドの今後

レシピを中心に据え、拡大を目指すクックパッド。国内での安定収益は今後も続くと思われます。これは、クックパッドのビジネスモデルの強みですが、今後の成長へは、海外への普及です。どんな施策があるのか、次なる戦略の発表を待ちたいところですね。次なる成長への踊り場にあるように思えます。

関連記事

クックパッド、株主総会を終えて今回の騒動で改めて分かったこと。
クックパッド自体のビジネスモデルは秀逸だということ やはりクックパッドのビジネスモデルは、素晴らしいし、あらゆる視点か
スポンサーリンク