株式分割されると株価が上がる理由

株式分割されると株価が上がる理由について考えてみた。株式分割が発表されたり、分割日前後は、株価が上がることが多いです。外部環境にもよりもますが、たとえ外部環境が悪くとも逆行高も珍しくないくらいです。今回は、「株式分割されると株価が上がる理由」を考察してみたいと思います。

株式分割とは

読んで字のごとく株式が分割されることを指します。現在では単元株が100のことが多いですのそれを参考にすると、現在手持ちの単元株の100株を所有している企業が、株式が2分割すると、自分の手持ちは、200株になります。3分割であれば、300株です。手持ちの株式数が増えるてラッキーと思われる人は早合点です。評価額はこの時点では何もかわっていません。

スポンサーリンク

2分割の例

所有株数 株価 評価額
分割前 100株 2000円 ¥200,000
2分割 200株 1000円 ¥200,000

以上のようになります。分割によって、評価額は変わりません。

株式分割されると株価が上がる理由

では、一体なぜ株価は上がるのでしょうか。一般的には、分割することで、単元株鵜を取得できる金額が低くなるため、幅広い投資家層の拡大ならびに流動性の向上等、株式市場の活性化を図るための有用な施策の一つとされています。

まとめると一般的には、

  • 一般個人投資家も株を購入しやすくなる
  • 流動性が高まる(売買の量が増える。)
  • 市場が活性化することで、認知度も高まる。

ということになるでしょう。

独自の見解

アマノリー(ある法則・理論からみて異常、または説明できない事象や個体等を指す。)という観点も大きいのかなあと思います。これまでの株式分割は買いであるというアマノリーがはたらいている気もします。

また、思惑もでしょう。市場鞍替えへ期待やさらなる次の分割などです。そうやって株価は、思惑や期待で上がることも、しばしばです。

経験則

私の経験則では、これまで業績いいのに、出来高が少なく、株価が適正でなかったときに、分割発表後から右肩上がりのトレンド形成していくということが少なくありませんでした。株価が適正価格になっていくということです。そういう銘柄をいち早く購入し、株式分割を待つという投資スタイルも1つの手となります。

まとめ

株式分割で株価が上がる理由は、

  • 最低購入額が下がる
  • 流動性が上がる。
  • アマノリー。
  • 思惑相場。
  • 株価が是正される。

などでしょうか。いずれにしても、株式分割が発表されるとニュースになり、認知されるということも、株価を上げる初動の一因となっているのでしょう。以上が、株式分割されると株価が上がる理由となります。

あわせて確認

スポンサーリンク