【BOOK】敗者のゲーム:チャ-ルズ・エリス

敗者のゲーム

市場に活動ことを目指してゲームに参加するなら負けは見えている。勝つには長期的な目標を持ち忍耐強くルールを守って投資を続ける。その唯一の手段がインデックス型投資信託を活用することというのが著者の主張です。個人投資家を対象に資産運用の基礎とその背景にある投資理論を丁寧に解説した本となっています。

スポンサーリンク

敗者のゲームの意味

・第1に市場のベンチマークを上回ろうとしていくつかのミスをおかしてしまう人がいるということだ。ミスをするかしないかによって、非常に良い結果になるか、悪い結果になるか、市場平均を上回るか下回るかが決まる。

・もう1つはコストだ。平均的な資産運用者は、コストを考えるとベンチマークを下回ってしまう。市場が厳しい環境にあり、運用担当者が常に勝ち続けるのが難しいなかではフィー(手数料)が安いことが決定的な要因として浮上してくる。

冷静になり、感情的にならずに、長期的視点にたった投資がいいのでしょう。

スポンサーリンク